中国に留学!入国後にすべき3つの大事な手続き

中国に留学!入国後にすべき3つの大事な手続き

中国の四川大学に留学して、早くも1ヶ月となります。

中国に入国してから入学手続きやら居留許可を取るための手続きやら色々と面倒でした。

入国後にやった手続きを整理したので、これから中国に留学する方や留学を検討している方、仕事で中国に長期滞在予定の方は参考になると思います。

すぐにやるべき居留許可の申請手続き

留学ビザや就業ビザで中国入国した後は、30日以内に居留許可の申請手続きをしなければなりません。

つまり、日本で取得したビザで中国に滞在していられるのは入国後30日までです。

この期間までに居留許可の申請手続きをすることになります。

その申請にあたり、3つの手続きが必要で流れは次のようになります。

  1. 境外人员住宿等级凭证の取得
  2. 境外人员体格检查验证证明の取得
  3. 居留許可の申請

一つの場所で全ての手続きができれば苦労しないのですが、全て別々の場所でやることになりますので注意が必要です。

1境外人员住宿等级凭证の取得

留学の場合、寮に住むか部屋を借りる、もしくはホームステイする形になるかと思います。ここの住所に外国人の私が住みますので登録してくださいねっていう手続きをまず最初にする必要があります。

これは、寮の人や部屋を自分で借りる人はどのような手続きになるかわかりませんので、学校に確認するようにしてください。僕はホームステイしているので、今から書くのはホームステイの場合と理解してください。

  1. 学校を管轄する公安局に、ホームステイ先の住人と一緒に行く
  2. 窓口で手続きをする
  3. 境外人员住宿等级凭证を受け取る

流れは、ザッとこんな感じ。時間も30分あれば終わります。

持ち物は次の通り

◯自分の持ち物

  • パスポート(原本と顔写真ページのコピー)

◯ホームステイ先の住人の持ち物

  • 住居登記書類(原本とコピー)
  • 身分証明書(原本とコピー)

以上です。

全て手続きが終わると、境外人员住宿等级凭证を渡されるので、学校にコピーを提出します。この書類を提出すると学校側からも、この学生は確かにうちの学校の生徒ですよという書類をもらえますので、それらは居留許可申請の時まで大切に保管しておきます。

2境外人员体格检查验证证明の取得

次がこの手続き。場所は四川省出入境检验检疫局(出入国検査検疫局)です。受付は午前中のみですので、要注意です!!

日本で検査証明を取得して中国へ持参する場合は、この記事を参考にしてください↓↓↓

中国での居留許可申請に必要な外国人体格検査記録とは!?

ここでの手続きは日本から持ってきた外国人体格検査記録を提出して、その引き換えに証明書を取得します。簡単にいうと私は健康に問題がないと医者からお墨付きもらってますよっていうことを証明する書類です。

  1. 書類記入
  2. 窓口に1の書類とパスポート、証明写真3枚を提出し受付票と提出した書類を受け取る
  3. 受付順番になったら別の窓口で呼ばれるので、2の書類と検査記録一式を提出
  4. 手数料の支払いを行う
  5. 引換券をもらう
  6. 受領日当日の午後に窓口へ引換券を渡して境外人员体格检查验证证明を受領しに行く

持ち物は次の通り

  • パスポート
  • 日本で取得した検査記録一式
  • 証明写真3枚

受取は2営業日後でした。この手続きは、また別に記事で詳しく書きます。

3居留許可の申請

1、2が終わってから居留許可申請の手続きとなります。場所は成都市公安局出入境管理局(出入国管理局)です。終わってないと、書類取ってから出直してこいと言われます。そう、この記事を書いている僕も出直しを命じられた張本人ですw

なので、手続きの手順はしっかり守りましょう。

  1. 3階にて受付
  2. 申請書を渡されるので記入し再度受付に提出し、受付票をもらう(証明写真が1枚必要)
  3. 受付順まで待合室にて待機
  4. 窓口にて受付
  5. 手数料の支払い&引換券をもらう
  6. 受領日に引換券を持参し、パスポートを受領する(visaの有効期限はパスポートに貼付されたvisaで確認)

持ち物は次の通り

  • パスポート(原本、顔写真ページとビザページのコピーを各1部)
  • 申請書(証明写真1枚を貼付)⇦受付で記入する書類
  • 境外人员住宿等级凭证⇦1で取得した書類
  • 境外人员体格检查验证证明⇦2で取得した書類
  • 外国留学人员来华签证申请表(JW201 or JW202)⇦学校からもらう書類
  • 学校からもらうその他書類(学校の登記証明書、間違いなくうちの大学の留学生なので居留許可の手続きをしてくださいという趣旨の書類)

これらがしっかり揃っていれば、受付票を発行してくれます。受付票をもらったら順番になるまで待合室で待機するのですが、これがやたら時間かかります。受付票をもらってから窓口で手続きをしてもらうのにおそらく2時間くらいかかりました。

※どうやら午前中の方が空いているようです。受領の時は午前中に訪れたのですがガラガラでした

最後に手数料を払って、領収書と引換券を受け取ってこの日は終わり。約20日後に受領となります。

場所や時間は要注意

気をつけたいのはそれぞれの手続きの場所や営業時間

役所と同じだから午後も当然受付してるだろうと思ったらやってなかったりします。

また、境外人员体格检查验证证明は発行までに数営業日かかりますので、入国後なるべく早く手続きをしといたほうが良さそうです。日本で検査を受けず現地で検査を受ける場合はさらに日数がかかると思われますので、その辺も考慮しましょう。

言葉もわからぬ異国での手続きに多少ビビりながらも、この歳でこれくらいのこと自分でできないと情けないなと思い全て自分でやりました。やってみれば何とかなります。相手側も僕らみたいな外国人を毎日のように相手にしているのだから、わかってなければ英語など使ってわかるように伝えてくれます。

こういう行政的手続きを中国でするのも貴重な体験の一つです。

ぜひトライしてみてくださいね♪

留学カテゴリの最新記事