海外転出届は得なのか!?メリットデメリットをまとめた

海外転出届は得なのか!?メリットデメリットをまとめた

留学をするにはそれなりにお金がかかります。

学校の授業料、現地での生活費、寮費、飛行機代、etc…

なので、日本での出費は極力避けたいところ。

海外転出届は留学する際に行っておくと良い有益な手続きの一つです。

これを出すことで、
国民健康保険を支払う必要がなくなります

  1. 国民年金を支払う必要がなくなります
  2. 住民税を支払う必要がなくなる場合があります

国民健康保険を支払う必要がなくなります

 

“博士”
“博士”
国民健康保険をやめると治療費が全額負担になるんじゃないのか?

その通り、やめれば全額負担になります。

でも、通常は海外保険や現地の学生保険に加入すると思いますので、こちらはいらないでしょう。

仮に加入を続けておく場合、海外で保険対象となる治療をした際は医療費の7割を保険金として支払う決まりになっています。

つまり、帰国後に所定の手続きを経ることで還付されるということ。

だけど、

保険金の計算は実際に現地で掛かった治療費の7割ではなく、日本で治療した場合の標準額を基準に計算されるってことには注意してね。

特に海外の治療費は異常なほど高額だったりしますので。。。

メリット

  • 毎月の支払いがなくなる

デメリット

  • 海外保険や現地の学生保険に加入していない場合は、かなりの高リスクとなる恐れ
  • 国民健康保険を払うということは海外転出届は出さない(というか、出せません)ので、住民税や年金も渡航期間中に支払い続ける必要あり

国民年金を支払う必要がなくなります

基本的に、国民年金への強制加入が義務づけられているのは日本国内に住所を持つ20際以上60歳未満の人だけです。

つまり、海外転出届を出すと日本での住所がなくなる訳なので、年金保険料の支払いをする必要もなくなります。

 

“博士”
“博士”
ということは、将来もらえる年金も減ってしまうんじゃないのかい?

 

何も手続きをしないとそういう結果になります。

そこで必要となるのが、国民年金への任意加入手続きです。

 

“博士”
“博士”
いやいや、そしたら結局年金を支払わないといけないってことじゃろ?

納付書による支払いであれば、支払いをしないままにしておけます。

帰国後に後納制度を利用して保険料を納めることで将来もらえる年金額が減ることもありません。
ただし、期限がありますので注意が必要です。

メリット

  • 年金保険料の支払い義務がなくなる
  • 任意加入+後納制度を利用することで、渡航期間中に保険料の支払いをしなくとも年金額は維持できる

デメリット

  • 一時帰国の度に強制加入の手続きが必要となる
  • 任意加入しないと将来もらえる年金額が少なくなる

住民税を支払う必要がなくなる場合があります

住民税はややこしいので、結論から言います。

留学期間が翌年の1月1日をまたぐ場合、海外転出届を出していれば翌年分の住民税の支払い義務はなくなります。

具体的に例を挙げると

2017年10月に留学し、2018年9月に帰国する場合

  • 2017年10月〜12月までの住民税→→支払う必要あり
  • 2018年1月〜の住民税→→支払う必要なし

ということ。

年をまたぐか否かに関わらず、今年分の住民税の支払い義務はなくなりませんので勘違いしないように

メリット

  • 年をまたぐ場合は、翌年分の住民税の支払いがなくなります

デメリット

  • デメリットという訳ではないですが、年をまたがない場合は、渡航期間中も住民税の支払いが必要になります。

※これは制度の問題なので仕方ありませんね。

海外転出届の手続きした方が良い人

支払いがなくなるという面だけみれば、手続きをしてから留学をした方が良いです。

  • 資金的余裕がない
  • 留学期間が長い
  • 万が一の際、面倒を見てくれる身内がいる

再度、要検討した方が良い人

次に該当する場合は届出を出さない方が得する場合もあるかもしれません。

  • 留学前に会社都合で退職した
  • 留学期間が短い

留学前に会社都合で退職した

この場合は、まずハローワークにて失業手当が受け取れます。

さらに、自治体によりますが国民健康保険料等の減額措置が適用されます。

海外転出届を出すことで、この恩恵は受けられなくなりますので総合的にどちらが得かを検討する必要があります。

留学期間が短い

そもそも転出届が出せない可能性もあります。管轄の市区町村役所へ事前に確認することを勧めます。

仮に届出を出せたとしても、戻ってきたら、また転入届や保険・年金の加入手続きが必要になります。

何度も手続きをする手間をどう考えるか、タイムイズマネーですからね

何事も自分でもよく調べてから

あなたは転出届を出した方が得しそうですか?

きっと色々ネットの情報を調べていることでしょう。

気をつけたいのは、いつの情報かということ。制度は細い変更が多々あります。

自分は留学期間1年で、転出届を出した方が圧倒的に得だったので手続きしました。

最終的には自分で判断することになりますので、あなた自身の状況を客観視して総合的に判断しましょうね♪♪

留学カテゴリの最新記事