エポスのプライオリティパスで上海空港のラウンジを満喫!

エポスのプライオリティパスで上海空港のラウンジを満喫!

こんにちは、 Sacです

僕はプラチナカード所持のフリーランスです。

エポスプラチナになると無料で手に入るプライオリティパスを活用しまくってます。

先日、上海へ行った時に使ってきたので、上海空港のラウンジの様子をレポートします。

プラチナカード取得までの話はこちら

北京のラウンジの話はこちら

プライオリティパスの良いところ

国際便は大抵2時間前には空港に到着してないといけないので、手荷物検査を終えてから搭乗手続きが始まるまで時間を持て余すことが多いんですよね。

僕もプライオリティカードを手にするまでは、搭乗手続きが始まるまでは無意味に土産屋をブラブラして時間を潰したり、お金払って飲食していました。(当然ですが)

でも、プライオリティパスを使ってラウンジを利用するようになってからは、限られた人しかいない空間で、ゆったりリラックスできるし何と言っても静かです。

更に無料で飲食できるし、当然スマホ等の充電もできます。

搭乗前にここから水のペットボトルを持っていくことも可能ですので、わざわざ無駄なお金を使う必要はありません。

良いことづくしなんですよ♪♪

上海のラウンジは綺麗

北京のラウンジの様子と比べて見てもらえば一目瞭然ですが、成田空港のラウンジのような清潔感があって、居心地の良い空間です。

ファーストクラスやビジネスクラスのラウンジと一緒の場所↓↓↓

プライオリティパスが使えるラウンジは必ず看板があります。

大抵、ビジネスやファーストクラスのラウンジと同じ場所を使えるので、わからなかったらVIP Loungeの場所を聞いてそちらへ向かうと良いでしょう。

中はゆったりとした空港内のカフェと同じ雰囲気↓↓↓

これくらいゆったりしていると気持ち良いですよね♪

北京空港は正直清掃も行き届いていない感じでしたが、上海空港はそんなこともなく良かったです。

料理やドリンクは外国人を意識した内容でレパートリーも充実↓↓↓

料理もカレーや焼きそばがあったりして、中華料理全面ではないのも北京と違うところ。

味も美味し買ったです♪

アルコール類も頂けるので、飛行機の中はゆっくり寝たいって人はここでしっかり食事を摂っておくと良いでしょう。

年に一度は海外行くなら持つべし

正直、これまでは空港で無駄な時間を過ごすことが多かったのですが、プライオリティパスを手にしてから待ち時間に食事したり席に座って充電しながらパソコンで仕事してというスタイルになりました。

年に1度は仕事やプライベートで海外へ行くって人は絶対プライオリティパスを持つことを勧めます。

無料で手に入れたい場合は、エポスカードのプラチナカードを目指すのが良いでしょう。

今すぐ手に入れたいって人は楽天プレミアムカードを手に入れるのが良いでしょう。楽天ユーザーならポイントが通常のカードよりも還元率が高くなりますので、年会費10,800円を払ってでもプレミアムカード会員になる価値はあると思います。

あなたもプライオリティカードを手に入れて優雅な空旅ライフを過ごしてみては?

ラウンジカテゴリの最新記事